比べてわかる!ここがスゴいよ!jetfi(ジェットファイ)一般的な海外Wi-Fiとjetfiの違いをご紹介します。jetfiのすごさを、実感してみてください!

1 通信回線スゴい!!

全プラン4G対応なのが、あたりまえ!
高速通信がすぐに始められる!

4Gはこんなに速いから、
ストレスフリー!

なんと3Gの約15倍の速度!

旅先で道に迷って困った!今すぐマップを表示したい!この言葉はなんていう意味だっけ?今すぐ調べたい! そんな時にさっとインターネットが繋がると安心ですよね。4Gなら、日本にいる時と同じ、いつもと変わらないスピードでストレスフリーに使うことが出来るんです。

  • jetfi

    jetfiは全プラン4G対応だから、ハワイや台湾など人気の渡航先はもちろん、全世界で高速通信が可能!オプションプランを選ぶ必要がなく、基本料金のみで高速4G通信が使えます。

  • 一般的な 海外Wi-Fi

    一般的な海外Wi-Fiルータは、お申し込みの際に3Gか4Gを選ぶ必要があります。一見格安に見えても実は3Gプランということも…。4Gを使うには、別途オプション料金が必要な場合もあります。

※現地キャリアが4Gに対応していない一部地域では3G接続となります。


2 通信容量スゴい!

大容量500MBが、あたりまえ!
マップ検索やLINE通話も、たっぷり使える!

1日500MBあれば、
こんなに使える!

データ通信容量の目安

LINEのチャットトークならなんと約100,000回!ネット検索も、動画閲覧も、1日これだけ使えれば、海外でも容量を気にせずたっぷりインターネットが楽しめます。


  • LINE
    (チャットトーク)
    約100,000回
  • Yahoo!の
    トップページ閲覧
    約2,000回
  • GPSマップを
    使った経路表示
    約700回
  • 動画ストリーミング
    (標準画質)
    約30分

※上記は目安となります。ご利用地域や回線の混雑状況、通信環境などにより変化します。


みんなでシェアすれば、
さらにお得に!

jetfiは5台まで端末を接続できるから、500MBを友達同士でシェアして使うこともOK。次の日にはまた500MBが使えるようになるため、使い過ぎちゃっても安心です。

  • jetfi

    jetfiは、基本料金のみで1日500MBの通信容量。月に換算すれば約30GBも使える驚きの大容量!これだけあれば、困ることはありません。

  • 一般的な 海外Wi-Fi

    一般的な海外Wi-Fiの通信容量は、250MB程度です。大容量を使うには、追加料金が必要なオプションとなり、手続きも面倒です。


3 通話もできるからスゴい!

海外でもおトクに通話できるのが、あたりまえ!
料金プランも2つだけでわかりやすい!


  • jetfi

    オプションサービスのjet-phoneなら日本の一般電話、携帯電話への通話がかけ放題で利用可能。jet-phone同士なら海外・国内利用もOK。料金は180円/日1,800円/30日の2パターンなので、おトクでわかりやすい料金設定です。

  • 一般的な 海外Wi-Fi

    一般的に海外Wi-Fi自体に通話機能が搭載されているものがないため、通話するために電話を探さなければならなく面倒です。海外での緊急事態に通話ができないと不安です…。


jet-phoneの詳細 >

4 設定方法スゴい!

設定はカンタンなのが、あたりまえ!
渡航前に設定できて、現地ですぐ使える!


  • jetfi

    jetfiなら、日本国内でも通信が可能なので、渡航前に設定と接続確認ができちゃいます。設定ガイドもサポートセンターもあるので安心です。現地到着後は慌てることなく、電源を入れるだけで、すぐに使えて便利です。

  • 一般的な 海外Wi-Fi

    一般的な海外Wi-Fiは、現地に到着しないと設定が行えません。そのため、すぐにスマホが使えず、貴重な時間をロスしてしまいます。


5 バッテリースゴい!

バッテリーも大容量なのが、あたりまえ!
6000mAhの大容量なので、予備バッテリー不要!

6000mAhなら、iPhoneが
約3回充電可能!

6000mAhっていまいちピンとこない!?かもしれませんが、スマートフォンの充電なら約2〜3回も充電出来ちゃうんです。 観光中に充電がなくなりそうな時や、万が一充電器を忘れてしまっても、USBケーブルとスマホをjetfiに接続すれば充電できるので安心です。


スマートフォンの充電容量

機種 充電容量 充電回数の目安
iPhone 6S 1715mAh 約3回
iPhone 6S Plus 2750mAh 約2回
Xperia Z5 2900mAh 約2回
Galaxy S6 edge 2600mAh 約2回
※充電回数は目安です。放電や使い方によってバッテリー残量は変化します。

バッテリー装備だから、
荷物がかさばらない

  • 旅行はできるだけ荷物を少なくしたいもの。ルータのほかに予備バッテリーを持って歩くのも不便ですよね。jetfiはルータとバッテリーが1つになっているので、荷作りはもちろん、持ち歩きにも便利です。

  • jetfi

    jetfiなら、6000mAhもの大容量バッテリーが内蔵されています。 予備バッテリーがなくてもバッテリー切れの心配もなく、オプション料金も不要です。

  • 一般的な 海外Wi-Fi

    一般的に予備バッテリーはオプション扱いになっており、1日200円~の別料金がかかってしまいます。購入する場合でも、6000mAhの大容量バッテリーは高額です。


jetfiは必ず「手荷物」で飛行機に持ち込みましょう。
jetfiには大容量リチウムバッテリーが搭載されており、飛行機へは「預け入れ荷物」(貨物室預かり)としては持ち込めません。必ず「手荷物」として機内へ持ち込んでください。
※対応は航空会社によって異なります。詳しくは各航空会社へお問い合わせください。


6 フリーローミングスゴい!

国を移動しても、設定不要なのがあたりまえ!
自動的に現地キャリアへ接続!


  • jetfi

    jetfiなら、国を移動しても自動的に現地のネットワークを検知・接続するため、新たなお申し込みや設定変更は、必要ありません。国が変われば、500MBの容量はゼロカウントに!

  • 一般的な 海外Wi-Fi

    複数の国を周遊するためには、国ごとにルータをレンタルするか、割高の周遊プランを選択する必要があります。せっかくの旅行なのに、通信料に予算を費やすのはもったいない…

おトクなポイント!

通信容量は、1日1回リセットされます。
リセットタイミングをうまく利用すれば、おトクに使えます!

リセット時間は
日本時間の午前1時!

通信容量のリセット時間は、日本時間の午前1時です。
渡航先ではそれぞれ時差があるため、各国の現地時間に当てはめてお考えください。


日本(東京)と主要都市の時差は下記をご覧ください。
※サマータイムは考慮していません。

国名 都市 時差
オーストラリア シドニー 1
日本 東京 0
韓国 ソウル 0
台湾 台北 -1
中国 上海、香港 -1
タイ バンコク -2
シンガポール シンガポール -1
インド ニューデリー -3.5
トルコ イスタンブール -6
フランス パリ -7
イギリス ロンドン -8
ブラジル サンパウロ -12
アメリカ ニューヨーク -13
アメリカ ハワイ -19

詳しい時間が知りたい場合は、現地の現在時間の確認や、現地時間と日本時間との変換もできる「Time-j.net 」が便利です。

知っておくとおトクな裏ワザ!
キャリアが変われば、通信容量もリセット!
1日で複数国を移動すれば、実質通信容量もドンドン増える!?

  • 通信容量500MBとは、1つのキャリアあたりの上限値です。
    国を移動して別のキャリアへ接続すれば、その時点で通信容量はリセットされ、新たに500MBまで使用できるようになります。

    1日の間に何ヶ国も移動すれば、そのたびにリセットされ、実質通信容量はどんどん増えるのです。
    国移動が多い方は、知っておいてほしい裏ワザです!

「キャリアが変われば通信容量がリセット」とは?
キャリアとは、通信事業会社のことです。(例:NTTドコモ、ソフトバンク、AT&T(米国)、ボーダフォン(英国)など)
例えば、ドイツ滞在中はドイツのキャリアへ接続しています。その後フランスへ移動すれば、フランスのキャリアへ自動的に切り替わります。国移動をしたことでキャリアが切り替わり、その瞬間に通信容量もリセットされるということです。

※国境付近では、両国のキャリアを受信する可能性もあるため、国を移動してもキャリアが切り替わらない場合もあります。その場合はリセットされませんので、ご注意ください。

こんな使い方が可能です!

日本時間午前1時と、入国・出国のタイミングで500MBの通信料がリセットされます。

例)8/2に日本を出国、シンガポール経由(トランジット)でタイ、ベトナム旅行で5泊した場合